ブログトップ

ローカル、B級の日々

rankuru.exblog.jp

見る・聞く・食べる・野次馬大好き

私の事なのですが、地図をみるのが好きなんですね!
それは地図上でお金の掛からない旅行ができます、
変った地名や○○スポットなんてG,でもYでも直ぐに情報が得られますね、
それで○○スポットの中に昨年見つけたモノですが、この様な二文字を見つけてと言うか目に留まりましたよ磐座・いわくら不思議な漢字ですね!追い込んでみましたら、難しい説明がありましたが、平たく言えば「神が宿る岩」とでも言うのでしょう、
また 追い込みしますと「飛岩稲荷」前橋市岩神町 あれれこれはyufukiさんの居られる群馬じゃない?
早速マップを開く 前橋は群馬の県庁所在地の街中に不思議を解き明かすモノが 
さぁ行って見るべ~~かね。


d0138737_22543299.jpg


前橋市は群馬医大の近く 紅い幟のおいなりさんですがね?


d0138737_2258662.jpg


朱に塗られた本殿の後ろに なんとも奇怪な岩がそびえ立っています

d0138737_2302173.jpg


岩神稲荷神社」、別名「飛石稲荷」。その別名のとおり、御神体は周囲60m、地表に出ている高さは約10m、さらに地下に数mは埋もれているという巨岩です。
この岩は赤褐色の火山岩です。飛石と言うからには、どこかの火山から飛んできたのでしょうか?赤城さんの噴火、浅間の噴火と憶測は交々 さすがに火山から飛んできたのではなく、
2万年前の赤城山の山頂が崩落し板東橋付近に押し出され、その後の大洪水の泥流によって運ばれたという、説が尤もらしいですが、こんな大きな岩が飛んできたらどうしましょ、
こんな巨大な岩をここまで運んだ自然の力と言うのは得体の知れない馬鹿力
この巨岩は国指定の天然記念物となっていますよ
冬の時期で良かったです、銀杏の葉が全部落ちて「磐座」の全容が丸見えです。
夏、秋では銀杏の葉が全てを隠してしまうそうです、

d0138737_233620.jpg


この岩の麓に小さな祠がいくつも祀られています

d0138737_2365655.jpg


 むかし、ある石工がこれを石材に用いようとノミを入れたところ、真っ赤な血が吹き出たといいます。逃げ帰った石工は祟りのせいで後日死んでしまい、これを恐れた人々によって稲荷神社として祀られるたという話があります。
 人を殺してしまうほどの荒ぶり神です。真っ赤な血は飛石の赤褐色から発想を得たのだと思いますが、確かにこの伝承を絡めて改めて見てみると、何とも毒々しい色合いにも見えます
[PR]
# by rankuru3935 | 2009-01-26 23:14 | 磐座・いわくら
d0138737_15384320.jpg


人人の大変な混雑です
各ブースへのショッピングは 体力勝負ですね、

左側の赤い床の所が お祭り広場の舞台です、幕間中は広場の廻りは買い物で

フェンス廻りに隙間が出来ます、この時間帯を 狙ってフェンス際に張り付きましょう

ベストポジションは広場の赤い床に黒い四角が見えますね、

これはスピーカーでこの下が舞台

の斜め前の位置でカメラのベストポジションとおもいます







More 2枚目はココをクリック
[PR]
# by rankuru3935 | 2009-01-19 16:01 | お祭り広場
立佞武多
高さ約22m、重さ約17トンの巨大な山車が「ヤッテマレ!ヤッテマレ!」の掛け声のもと、五所川原市街地を練り歩くそうです、

ここ後楽園ドームの照明が消され暗闇に浮かび上がる、不撓不屈の灯も鮮やかに
歓声も一際大きく  観客から引き手を募り 高さ22m17t の巨大なだしが静かに
ゆっくりゆっくり動きます。


d0138737_15542273.jpg



「ねぶたnebuta」「ねぷたneputa」の語源には諸説あるようですが「眠(ねぶ)たし」、「合歓木(ねむのき、ねぶたのき、ねぶた)」 現在では「眠たし」が最も有力な説とされているようです。

「眠り流し」→「ねむた流し」→「ねむた」→「ねぷた(ねぶた)」と 「眠り流し」は日本各地で行われている。農作業の激しい夏期に襲ってくる睡魔を追い払うための行事として、厄災・邪悪を水に流して村の外に送り出す行事のひとつ。
青森では眠いを方言で「ねぶたい」 五所川原、弘前では「ねぷたい」とと言うそうですよ


d0138737_15552463.jpg

太鼓の重低音が響き祭りを盛り上げる中にも東北特有のモノ寂しい旋律が一際高い鉦の音が脳裏に焼きつきます、


掛け声

五所川原  「ヤッテマレーヤッテマレー」
       やっつけてしまえと言うそうです

弘前    「ヤーヤトー ヤーヤトー」
       早くやれ と言うそうです

黒石    「ヤレヤレ ヤレヤー」
       これも 早くやれの 意だそうです。

青森    「ラッセラー ラッセラー」 これは 皆さんご存知の掛け声ですね
       かの版画家 棟方志功もハネトに扮し祭りに夢中のようでした

       ねぶたに使う 蝋燭を早く「出せ出せ」の意だそうですよ

d0138737_1624561.jpg

青森のハネトさんとは違いモノ静かな踊りのようなきがします、

d0138737_22144852.jpg
d0138737_22161462.jpg

d0138737_9105276.jpg
d0138737_911760.jpg
d0138737_9112273.jpg

[PR]
# by rankuru3935 | 2009-01-18 16:26 | 五所川原の立佞武多
高円寺阿波踊り
えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、そして写真撮る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」と唄われる
d0138737_16594858.jpg


d0138737_842315.jpg

  高円寺の綺麗処の皆さん

d0138737_8444513.jpg

  高円寺綺麗処の皆さん
d0138737_850716.jpg

 ·女踊り 女物の浴衣に網笠を深く被り、草履ではなく下駄を履くのが特徴。
·艶っぽく、上品に踊るのだそうですよ!
·一般の浴衣と異なり、じゅばん、裾除け、手甲を付け、黒繻子の半幅帯をお太鼓のように結ぶ  だんだんぽくなつてきますよ
·性同一性障害、性別変更可能の現在、男踊り、女踊りの
d0138737_932162.jpg
d0138737_934748.jpg
、境界はなく、好きな方を踊ることができるのだそうですよ

d0138737_8513995.jpg


  男踊り·半天(法被)を着て踊る半天踊りと、男物の浴衣をしりからげに着て踊る浴衣踊りがあります
·踊りの所作の振りは大きく、時には勇猛に、時には滑稽に躍る。うちわや手ぬぐいなどを使っていることも多く
·なお、この男踊りを女性の踊り手や少女が踊る場合もある。
d0138737_9111754.jpg
d0138737_9114227.jpg
d0138737_912256.jpg



   鳴り物
阿波踊りに用いられる楽器は「鳴り物」と総称される。鳴り物は、踊り子の引き立て役として阿波踊りに欠かせない存在です
d0138737_9164381.jpg


 
小さなグループ、サークル、を言うのだそうです

d0138737_921527.jpg





d0138737_15255239.jpg
 高円寺の綺麗処に圧倒されて少々脳波が怪しげに そして視線の行く先も
なにやら怪しく危ない方向へ


d0138737_15141087.jpg


d0138737_1521433.jpg


d0138737_15224340.jpg


d0138737_15225071.jpg

[PR]
# by rankuru3935 | 2009-01-16 09:21 | 高円寺阿波踊り